個人事業主の年収は会計ソフトでの管理が楽

個人事業主の年収額は人によって大きく違っているのが普通です。なぜなら、人によって一日どれぐらい仕事をしているかも違うからです。受注案件の内容も違うので、もちろん報酬もそれぞれ差が生まれて当然です。企業が多数のフリーランスエンジニアにばら撒いている簡単な案件ばかりを受けているのでは、年収は上がりにくくなります。誰でもできる仕事しかしないのであれば、年収は300万円以下になることも多いです。いわゆるワーキングプアと呼ばれる人たちも多いのが現状です。

ただ、個人事業主は自分で仕事を作り出すこともできます。たとえばゲームアプリを開発してダウンロード販売することもできるでしょう。そうした人に頼らない商売をするのであれば、収入は青天井になります。ゲームアプリが大ヒットすれば、数千万どころか数億円の年収を記録することもあるでしょう。どういった仕事を選ぶかで、収入に幅が出ることは覚えておきましょう。そして、どのスタイルを選んだとしても、収支計算は会計ソフトで行うのが便利です。会計ソフトを使えば、日々の収支をデータ入力しておくだけで、確定申告の時期には役所に提出する公式書類を自動で印刷してくれます。

青色申告では複式簿記の知識が必要になりますが、会計ソフトを使えばそうした知識を仕入れる必要はゼロになります。人為的なミスも排除できるので、年収が高い人でも低い人でも、こうしたソフトの力を頼るのは普通です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です